Twitter Weekly Updates for 2010-01-17

  • magmot

    タルコフスキーだのセシルだの言ってるのはほぼシャレなので気にしないでください。(2%程度本気) RT @magmot ジーン・セバーグのかわゆさが……あぁぁ。 http://bit.ly/6K8rNP #

  • 動画作りたいっす。(と事前につぶやくってことは作らないフラグ)..ていうかどっちかというとファズギターとドライビンベース、オーバーダビングしたいっす。 RT @kihirohito 赤い水銀【が #
  • あ、その後結構伸びた。 QT @k_akahane 再生数よ伸びろ RT @somaakira 「生きていきかた」http://bit.ly/6K8rNP #
  • 香港から商談か?ひやかしか?ひとまず英語でメール書いたなう。 #
  • 今更で恐縮ですが、ついでということで「不思議の国とアリス」58分25秒を投げやりに10分に収めてエントリーしました。[ワッチミー!TV] 『例のお茶会、その他』 http://bit.ly/5wOewX #
  • チェシャネコのシーンとお茶会のシーンが(所々ぶった切ってますが)ほぼ全尺です。ちなみにチェシャネコは「without cat」なので、犬張り子です。http://bit.ly/5wOewX #
  • つーことで、こちらもRTとかいろいろよろしくおねがいします。『例のお茶会、その他』 http://bit.ly/5wOewX #
  • WEBで10分は長いよなぁ。58分25秒なんて話にならんな。反省してます。 『例のお茶会、その他』 http://bit.ly/5wOewX 『生きていきかた』 http://bit.ly/6K8rNP #
  • #
  • 帽子屋は(当時水銀中毒が職業病だったため)「帽子屋のように気が狂う」という慣用句の擬人化。で、それに即してラリったキャラデザ+演技。CVは瀬々敬久監督、福居ショウジン監督作品 #
  • 三月兎は、(春に繁殖期をむかえるため)「三月兎のように気が狂う」という慣用句の擬人化。で、それに即してサカったキャラデザ+演技。CVは空間演出やペインティング等を得意とする現 #
  • #
  • ワッチミー!TVの再生数ってほんとかなぁ。水増ししてないかな。こんなに見るものなのか?暇なのか?ま、うちのは、特にアリスは9割がたお茶会にたどり着く前にウィンドウ閉じられてる #
  • 2008年作品って言ってるけど、お茶会の部分作ったのは2005年頃だったよ。プレスコやったのなんてまだ20世紀だったよ。 『例のお茶会、その他』 http://bit.ly/5wOewX #
  • #
  • あ、なんだそういうことか。勘違いしてた。起きたらメール書こう。 #
  • 灯油シュコシュコするやつがこわれて手が灯油まみれに。 #
  • キャンディーズの解散で盛り上がったまま宙に浮いたユースパワーがヤマト(劇場版)に流れオタク文化の礎となった。という仮説を思いついてつぶやこうと思ったのだが、念のため調べた #
  • 77.7.17解散宣言→77.8.6劇場版1作公開→78.4.4解散→78.8.5劇場版2作公開 #
  • もちろん双方の中核を成していた層が同じという意味ではなくて、その流れに乗っかって大きなうねりに押し上げていった層がかぶっているのでは…というはなし。 #
  • 古代特攻後も白色彗星は復活して地球を征服。生き残り(島とか)がレジスタンスを続けるが征服後の地球はそれなりに豊かで大衆から孤立して総括とか内ゲバとかの日々。最終的に籠城し #
  • 「春 mon amour」発見→ http://bit.ly/6O1Bgv B面はやりたい放題だなぁ。…もちろんA面も名曲。個人的に細野歌謡のかなり上位に位置するシングル。 #
  • #
  • 細野曲はあとこれとこれ→「仏蘭西映画」 http://bit.ly/7WUHRq 「妖星傳」 http://bit.ly/80izfV もう全然アイドル扱いしてないな。その他にチャボが一曲。それ以外は自作。 #
  • ついでに「宵待ち雪」 http://bit.ly/4Vcmdp #
  • 個人的に松本=細野のベストワークは「七夕の夜、君に逢いたい」なのだが、見あたらない。ここでちょっとだけ視聴できるけど。 http://bit.ly/7ZyULp #
  • #
  • 今日の昼は誰もいないのでウルトラセブンのタイトルバックみたいになってたカビ餅を食べる。 #
  • あ、タイトルバックは赤か。その前の段階みたいな餅に訂正。 #
  • あるいはペロリンガ星人みたいな餅。 #
  • 歩かせるのは地味な上に難しいので、面倒くさいな。とか言ってるからダメなのだ。 #
  • FBIK結局効率悪いような気がする。見限ろうかな。 #
  • かゆいところに手が届かない。つうか、届かそうとすると面倒なことになる。ってのは単に使いこなしていないだけなのか? #
  • こちらのキーの打ち方とか、モーション組み立てる手順とかがオールドスタイルなのか? #
  • よし、寝て起きたら使い慣れた方法でリグ組み直そう。何日無駄になったんだ。ここのところあんまり仕事無いからまあいいけど。…って、よくないよ(←仕事無いことに関して)。 #
  • なんかどんどん取り残されてく気がする。オズワルド(←「ポーの一族」メリーベルの巻参照)気分。「絶世の美女」と「まろやかな家庭」でも作ろうか。 #
  • #
  • ムービーは(部分ですが)これです→『例のお茶会、その他』 http://bit.ly/5wOewX #
  • ちなみにここでやろうとした対応策は、ヌルヌルさせずに動かし続けるということです。頭の位置は固定して途中の背骨のボーンを反対方向に微妙に動かし続けるとか、止めのカットでもカ #
  • やっぱり乗り慣れたヤツ(=ドッグタイプ)の方が話がはやいってことだ。必要に応じてマーシードッグとかに改造すればいいのだし。 #
  • (親父問題は先送るとして、当面の問題は)ダ・ヴィンチ(マリガリ)はどうなるのか? http://bit.ly/4lJDH #
  • #
  • いまさらな話しで恐縮なのですが、遅ればせながら「鳥人」見た。あんまりピンとこなかった。期待しすぎたのか、旬を逃したのか、画面解像度等の問題か、こちらの感覚が古ぼけたのか、 #
  • これ面白い。恐ろしくくだらない。 http://feeds.feedburner.com/gamella?format=xml PodCastが15年程度早く実現してればシャルル坂田はiTMSを制していたのになぁ、とか思う。 #
  • 残党でひとり(かなり)活躍している人はいる。ともかくよろこばしいことです。 #
  • しんみりしたので風呂でも入ろう。 #

Powered by Twitter Tools